医院ブログ|伊丹市 の歯科・歯医者なら、うえだ歯科医院

  • 伊丹市
・うえだ歯科医院
・電話
  • 伊丹市
・うえだ歯科医院
・メニュー

2019年1月18日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です!

 

インフルエンザが流行していますが、みなさん体調を崩されていないでしょうか?

さて、今月16日より新しい仲間が増えました!

ベテランの歯科衛生士さんで、感じの良い優しい方です。

 

今まで歯の掃除の予約が取りづらくご迷惑をおかけしてきましたが、これからはどの曜日でも歯のクリーニングのご予約をしていただけます。

しっかり磨いているつもりでも、少しずつ歯石や汚れ、着色は溜まってきてしまいます。

少なくとも半年に一度程度は、歯医者で歯の掃除をして、綺麗で健康な歯でおいしく食事を楽しみましょう!

「自分の歯が汚いから歯医者で見せるのが恥ずかしいわ」とか、変な遠慮は無用ですよ。

 

お電話でもインターネットでもご予約できますので、お気軽にご連絡ください。

インターネット予約システムをわかりやすくしましたので、是非ご利用ください。

スタッフ一同、お待ちしています!

2019年1月5日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です!

 

あけましておめでとうございます。

おかげさまで当院も無事に新年を迎えることができました。

昨日、地元の氏神様に家族で初詣を済ませ、清々しい気持ちです。

 

さて、突然ですが、皆様にお知らせがあります。

今月から、新しい仲間が加わります!

ベテランの歯科衛生士さんで、感じの良い優しい方です!

これまで以上に皆様の健口増進のお役に立てると確信しています!

 

新しいメンバーを迎えて、今年は昨年よりもパワーアップして頑張っていきたいと思っています。

本日より平常通り診療しておりますので、ご遠慮無くお電話ください!

 

2018年12月25日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です。

 

今年もあっという間に1年が過ぎ去ろうとしています。

年末にかけて冷え込むようですから風邪などに要注意ですね。

 

さて、年末年始の休診日についてお知らせします。

12/29(土)~1/4(金)の間は休診とさせていただきます。

12/28(金)午前中までは通常通り診察しています。

 

もし、年末年始の歯の痛みでお困りの際は、伊丹市の休日応急歯科診療所をご利用ください。

http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/KENKOFUKUSHI/KENKO_SEISAKU/KYUZITU_OKYU/1385712946530.html

 

では、よいお年をお迎えください。

 

2018年12月7日 カテゴリ: 未分類

12月19日(水)は院長研修のため、臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2018年11月23日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です。

 

今回は、日本歯科医師会が今年の4月に日本全国の15〜79歳の男女1万人を対象にインターネット調査した結果を、一部抜粋してご紹介したいと思います。

まず、日常生活における物事については73.4%の方が先延ばしせずに行動するのに対し、歯科医院での健診・受診に関しては52.7%と過半数の方が行動を先延ばしにするとの結果が明らかとなりました。

また、口腔内のトラブルリスクが増加する30代以上に着目すると、歯科受診行動を先延ばしにする”先延ばし派”では約70%の方々が「自身の歯や口の中を健康だと思わない」と感じている一方で、歯科受診を先延ばしにしない”対応派”では「自身の歯や口を健康だと思わない」と感じているのは50%以下であることもわかりました。

さらに、全体の75.7%の方が、もっと早くから歯科健診や治療を受けておけば良かったと「後悔」していることが明らかになりましたが、先延ばし派は対応派に比べてより多く後悔していることもわかりました。

 

過去の様々な経験により、歯科に対して苦手意識を持ってしまっている方が多いと感じています。

不幸にして多くの歯を失い、自身の好物を思い切り味わえなくなったり、見た目に自信を持てなくなってしまったりと大変な「後悔」を抱えている方々を診ていると、いたたまれない気持ちになります。

一人でも多くの方に笑顔になってもらおうと日々奮闘していますが、無くなってしまったものを元通りにすることは残念ながらできません。

 

健康なお口は健康な体を作る第一歩です!

フィットネスに通う位の気軽さで歯科医院のドアをくぐり、「後悔」の少ない人生を歩みましょう!

全力でサポートしますよ!

2018年11月1日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です!

 

この頃は随分と寒さを感じるようになってきましたね。

インフルエンザも流行りだす頃なので、体調管理に気を付けていきたいですね。

 

ところで、皆様からのご質問の中で多いものに、歯ブラシに関するものがあります。

「電動歯ブラシの方がいいの?」

「色々ありすぎて、どれがいいのかわからないので教えてほしい」

などなど

 

世の中には本当にたくさんの種類の歯ブラシや口腔ケアグッズがあるので、悩みますよね。

私も色々迷ったことがありますし、皆様のお気持ちは理解できるつもりです。

 

まず結論から申し上げますと、手先が不自由でない方に対しては、普通の歯ブラシをおすすめしています。

普通の歯ブラシとは、毛の硬さが普通で、持ち手の部分がまっすぐになっているものです。

硬めの歯ブラシが好きな方がおられますが、歯や歯茎を傷つけてしまうので、普通の硬さのものをおすすめしています。

重度の歯周病のために、歯ブラシをすると歯茎から血が出て痛くて困るという方には、一時的に柔らかめの歯ブラシをおすすめしています。

 

手が不自由なためにセルフケアをやりづらい方に対しては、電動歯ブラシの使用をおすすめしています。

電動歯ブラシの良いところは、ただ歯に当てているだけで磨けるということです。

欠点としては、ブラシ部分の交換費用が高くつくということがあるでしょうか。

普通の歯ブラシも電動歯ブラシも、毛先が広がってしまうと綺麗に磨けなくなりますので定期的に交換が必要です。

 

その他、口の周りの筋肉が硬くて普通の歯ブラシでは入らない方のための薄い歯ブラシや、磨きにくい一番奥を磨くための歯ブラシなど様々な歯ブラシがあります。

わからないことがあればお気軽にご質問いただければ、お口の状況等を確認した上でおすすめの歯ブラシをご案内させていただきます。

スタッフ一同、お待ちしています!

2018年10月15日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です。

 

この頃は一日の気温差が大きく、体調を崩される方も多いかもしれません。

しっかり栄養や睡眠を摂って元気に過ごしたいですね。

 

さて、今回は歯周病について少しお話したいと思います。

歯周病とは、歯を支える顎の骨が歯周病菌から出る毒素などにより溶けてしまう病気です。

歯周病は基本的に痛みもなく進行します。

重度の歯周病になると、歯がグラグラして痛くて、しっかりと噛むことが出来なくなります。

あるレベルを超えて歯周病が進行すると、治療効果が出にくくなります。

また、歯周病は全身の病気を悪化させることがわかってきています。

例えば、糖尿病、脳卒中、がん、早産など様々な病気のリスクを上げてしまいます。

歯周病が進行すると、歯肉が容易に出血するようになり、そこから歯周病菌が体内に入り込み全身に影響を及ぼすのです。

 

さらに、大量の歯垢が歯に付着している場合、食事のたびにとてつもない数のバイ菌を飲み込んでいることになります。

その上、飲み込んだバイ菌の内、かなりの数は生きたまま腸に届いている事がわかっています。

そのことから、歯周病を放置することにより腸内環境が悪化し、様々な病気を引き起こす可能性が考えられます。

 

歯周病は歯磨きだけではなかなか治りません。

定期的に歯科検診を受け、全身の健康を守りましょう!

2018年10月2日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です!

 

朝晩の冷え込みを感じるようになり随分と秋らしくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、私が普段とても気にしていることがあります。

それは、治療を中断された患者さんは今どうなっているのだろうか?ということです。

 

中断されるには様々な理由があると思います。

「治療はまだ途中だと言われたが、痛みがなくなったからもう行きたくないな」

「仕事が忙しくなってきて、しばらく通えない」

「歯にお金を使うのはもったいないから、痛くなければそれでいい」

「違う歯医者で診てもらったほうが良いのかも」

「うっかり予約をすっぽかしてしまって、行きにくくなった」などなど…

 

残念ながら私ではお力になれなかった方が、他の歯科医院で治療を完了できるのなら本当に良い事だと思います。

やはり人間相手のお仕事ですので、いろいろな意味で合う合わないなどはありますから…

 

しかし、「すっぽかしたのが気まずくて」とか「もう痛くないから大丈夫!」といった自己判断で中断されている場合は要注意です!

治療が完了した状態でさえも、虫歯や歯周病の危険性がなくなったわけではありません。

ましてや治療途中の歯はとても不安定で、放置することによって治療前よりもこじれてしまうことも珍しくないのです。

 

歯を抜くほどでは無かった虫歯が、放置したことで抜歯になってしまうのを何度も見ています。

神経を取ったあと痛くないからと治療を完了しなかったばかりに、その歯を抜くことになる場合も多々あります。

1本の歯を失うことが、より多くの歯を失うことにつながります。

 

キチンと手入れされた自分の歯で、食べたいものを何でも食べられることが全身の健康や幸せにつながります。

もし治療を中断してしまっても、気負わずにお気軽にお電話ください。

お待ちしています!

2018年9月20日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です。

 

先日の台風21号に伴う停電により、コンピュータなどが故障したためご不便をおかけしておりましたが、ようやくほぼ完全に復旧することができました。これで台風前のように快適に診療を行うことができます。

 

ところで、皆様から様々なご質問をお受けするのですが、セラミックを用いた自費治療についてのご質問が比較的多いです。

そこで今回は、セラミック治療の特徴についてご説明したいと思います。

 

まず、セラミック治療に関する皆様からのご意見・ご質問として多いのは、

「保険の銀歯よりもセラミックの方が長持ちするんでしょう?」

「銀歯は錆びるから口臭の元になるし、体に良くないんでしょう?」

「自費治療の方が精度が高いので、高品質で長持ちすると聞いたんですが?」

「一生モノとして、ずっと使えますか?」

などといったところでしょうか。

 

ところで、セラミック治療の特徴(利点・欠点)としては、

・透明度や色調が歯に似ているため、保険適用のプラスチックに比べて非常に自然にキレイに仕上がる

・天然の歯と見分けがつかないレベルの仕上げが可能で、いつまでも変色しない

・金属を全く使用しないので腐食せず、金属アレルギーの心配も無い

・プラスチックと比較して、セラミックの表面は細菌が付着しにくい

・セラミックは割れる可能性があるため、かみ合わせの力が強すぎる方には不向きな事がある

・銀歯などの金属で治療するときに比べて、歯をたくさん削る必要がある

・自費治療のため、治療費が高額になる

などが挙げられます。

 

高額なセラミック治療を選択する際には、出来るだけ快適に長持ちしてほしいと願うのは当然です。

 

治療が長持ちするためには、様々な意味で精度の高い治療が必要となります。

高精度な治療のためには、歯を削ったり型取りをする精度を高めるだけでなく、患者さんの全身状態を把握し日常生活における問題点を見抜いた上で、適切な治療計画を立てることが必要となります。

患者さんのご希望をお聞きした上で適切に診査・診断し、セラミック治療を含めた治療オプションに関する情報提供をしております。

 

当院では、患者さんとの対話を重視し、ご納得の上で治療を進めておりますので、お気軽に何なりとご相談ください!

2018年9月6日 カテゴリ: 未分類

こんにちは、うえだ歯科医院です。

 

先日の台風21号により本日(9/6)まで停電していました。

そのため来院予定の全ての患者さんにキャンセルのお電話をさせていただく事となり、大変ご迷惑をおかけいたしました。

突然の連絡にも関わらず皆様から温かいお言葉をいただきまして、大変感激しています。

ありがとうございました。

 

院内設備のいくつかは故障していますが、診療に大きな支障は無さそうでホッとしています。

明日からまた、スタッフ一同頑張りますので、よろしくお願いします!

1 2 3 4 5
 
1